葉酸サプリの中の葉酸の量ってどのくらいが理想?

葉酸はビタミンの一種。その葉酸は、赤ちゃんの成長のために欠かせません。受精卵が細胞分裂する過程、またどんどん赤ちゃんが大きくなっていく過程において、必要な栄養素なのです。

そんな葉酸は、一日どのくらいの量を摂取すると良いのでしょうか?
葉酸の量

葉酸のオススメの量とは?

葉酸は赤ちゃんの神経管の異常のリスクを抑えることが期待できると、厚生省でも推奨されている栄養素です。でも単に葉酸を摂取するだけでは十分ではありません。推奨される量というものがあるのですね。

その量というのは、非妊娠時には240㎍、妊娠時は480㎍といわれます。妊娠すると赤ちゃんのために葉酸量を増やす必要があるのですね。

食事だけではなかなか摂取するのは難しいので、食事プラス、葉酸サプリで摂取すると効率的です。

葉酸の上限ってあるの?

葉酸がいくら赤ちゃんの成長にいいといわれても、その量に上限なくいくらでも摂取していいのでしょうか。

実は葉酸は摂り過ぎると過剰摂取による副作用もあります。そのため厚生省では、葉酸摂取量の上限も設定しているのです。その量は、1000㎍つまり1g以下とされています。

葉酸を効率よく摂取するには?

妊活をしているときになかなか赤ちゃんが出来ないと、なんで?と不安がいっぱいになることも少なくありません。

また排卵日にタイミングを合わせることで頭がいっぱいになることもあります。そんな時に葉酸の事をいちいち考えていられない!という場合もあるのです。

また妊娠初期には、つわりもあるのに、食事から葉酸を摂取するのが難しいこともあります。そんなときには、是非葉酸サプリを利用すると良いでしょう。葉酸サプリにはその量が明記されています。そのため摂取するべき量は一目瞭然。何も考えず毎日飲む習慣をつけることだって可能なのです。

妊活中、妊娠初期は、ナーバスになることもあるはず。そんなときでも気楽に摂取できる葉酸サプリが理想的です。