サプリメントでの摂取がおすすめ!妊娠中にDHAを摂ってほしい理由とは?

妊娠中 DHA
妊娠をすると、栄養面に気を付けなければいけなく、胎児のために摂取したい栄養素は色々あります。その中にはDHAという栄養成分があります。

では、なぜ妊娠中にDHAを摂ると良いのでしょうか?ここでは、そのことについて解説していきます。

DHAを摂ることによる胎児への影響とは

DHAという成分は、記憶力に良い影響を与えることで知られています。では、なぜそのような働きが期待できるのかというと、DHAは神経細胞や脳などを組み立てるのに大切な成分となっているからです。

神経細胞や脳以外にも、目の網膜などを組み立てるのに大切な成分でもあります。これらのことから、妊娠中にDHAを摂ることは、胎児の神経細胞や脳を成長させることに繋がり、脳の働きを良くする効果が期待できます。

また、DHAは目の網膜にも関係していることから、胎児の目を健康的に成長させる効果も期待することができます。

DHAには鬱病を軽減する働きも期待できる

妊娠をすると、様々な不安に襲われてしまうことがあります。

つわりの不安
胎児の成長の不安
会社に伝えることの不安
赤ちゃんを産む時の不安
子供を育てられるのかの不安

などです。このような不安により、イライラしたり、心配しすぎたりしてしまうことがあり、鬱病になってしまうこともあります。その鬱病を軽減させる効果が期待できる成分がDHAになります。

DHAには鬱病を軽減させたり、鬱病の発生率を低くくする働きが期待できると実験で出ています。不安になりすぎると寝つきが悪くなる場合もあり、睡眠不足になってしまうこともあります。

妊婦がそのような状態だと胎児にも影響してしまうので、DHAを摂って精神を良くする手助けをしてもらうと良いでしょう。

DHAの摂取はサプリメントがおすすめ

魚に多く含まれているDHAですが、魚の中には水銀が多く含まれているものがあるため注意が必要です。

大人は、わずかな水銀を体外に排出する働きがありますが、胎児にはわずかな水銀を排出する働きがありません。そのため、魚からDHAを摂るのではなく、サプリメントからDHAを摂ることをおすすめします。

サプリメントなら水銀を摂ってしまう心配がありません。ですが、キハダマグロやビンナガマグロ、鮭やアジやサバなど妊娠中に食べても問題ない魚も存在します。

そのため、魚を食べる時は、種類に注意して食べるようにしましょう。